おいしいカニ通販


カニについて

私の見た限り、蟹通販の「激安通販」に興味津々の方は少なくないようです。他の蟹通販業者と比べても大幅に安いので、そこだけ見ればしかし、すぐに飛びつくのは禁物です。一般的な市場価格と比べて、あまりに安い場合、通販のていを装った詐欺だったりする可能性も考えられます。口コミやレビューなどで、その業者の評判を見てから利用を判断しましょう。その方が安全です。

蟹通販では、活蟹や冷凍タイプなど様々な商品を扱っていますが、選んでおいてまずマチガイがないのは、水揚げ後まもない時の鮮度を閉じ込めた「冷凍の蟹」です。確かに活きた蟹はもちろん冷凍より鮮度がいいのですが、いかに新鮮とはいえ、ご家庭でさばいて食べるのはなかなか難易度が高いです。それに蟹を茹でるのは大きい鍋が必要だったりして、ご自宅ではやりづらいですから、あらかじめ茹でた状態で冷凍した蟹を購入するのが賢明だということになります。よくお得で便利だと言われる蟹通販。その利用時に、皆さんが利用を躊躇する理由があるとしたら、果たして蟹の新鮮さは大丈夫なのかという部分でしょう。蟹通販を利用したことがなければ、そんなに新鮮な印象はないのかもしれないですね。でも、それは誤解です。現実には通販の蟹の鮮度が悪いということはありません。蟹通販は漁港から直送である分、一般的なお店で売られている蟹よりも鮮度が落ちないまま自宅まで届けられるのです。

素材の旨みが味わえる「塩ゆで」、そして冬に嬉しい「蟹鍋」の二つです。これまでに色々な調理法で蟹を食べてきましたが、間違いなくそう思います。中には、蟹しゃぶや蟹刺しを推す人もいるかもしれませんが、しかし、蟹鍋や茹で蟹の場合はそうした制限はなく、多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。風味に繊細さが感じられなかったり、なんとなく物足りないときは、ご自宅でも蟹専門のお店のような味わいが堪能できます。蟹の名産地といえば全国にいくつかありますが、北海道は漁場も豊富で、様々な種類の蟹が獲れます。色々な蟹が獲れるという点では、やはり北海道に軍配が上がるでしょう。しかし、そうは言っても、北海道で売っている蟹が実は海外産であるというケースがままあり、少しがっかりさせられます。蟹通販が便利になった今では、以前にもまして、知り合いや家族に産地直送の新鮮な蟹をお歳暮で贈りたい人が多いでしょう。しかし、贈る前にこれだけは気をつけましょう。何より新鮮さが落ちてしまうと、風味や味わいも落ちていく上、運が悪ければ食あたりの危険さえあります。そのような危険を冒さないためには、ちゃんとしたお店かどうか、購入前によく調べてください。留守だと届くのがさらに遅くなるので、相手が家を空けている時間を避けて

と思っているでしょう。実は私もかつてはそうでした。でも、中には例外もあります。最近は「安かろう悪かろう」ではない食べ放題も増えてきているのです。水揚げされたばかりの美味しい蟹をふんだんに振る舞ってくれます。しかし、個人の考えによりますが、極上の蟹を求める人は食べ放題のお得さよりも、高くてもブランド蟹を取り寄せることを推奨します。蟹を買うときには選ぶ方法に注意すべきです。様々な選び方があるのです。ズワイ蟹を買う場合を例にとってみると大切なのは、腹側を見ること、これが重要です。避けるべきズワイ蟹は腹が白くなっているもので重要なのはアメ色をしたものをチョイスすることです。その他にも、甲羅の硬さによっても判断でき、硬い物の方がより良いです。蟹をさばくのは難しいものです。活蟹のさばき方を簡単にご説明します。蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。割と簡単に剥がれます。次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。ここは結構力が要ります。胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておく。以上が蟹の捌き方の基本になります。

かに本舗のカニが大人気

シリーズ累計100万個の人気商品です。むき身状態ですので、すぐに使えます。

▼詳細はコチラ▼